2013年11月アーカイブ

不正咬合と正常咬合

歯並びの悪を総称して不正咬合と言います。
見栄えの悪さだけでなく不正咬合は心身とっても大きな影響を与えています。
上下の歯が正しくかみ合う「正常咬合」なら歯の接触面積が広くなり、食べ物の消化、吸収が促進され、心身ともに健康な成長発育を示します。
正常咬合は多くの問題を解決するのです。

矯正はなぜ必要か?

歯の矯正はなぜ必要なのでしょうか。
欧米では歯並びの悪い人は社会的にもそれなりの人と判断されるため、美しい歯並びは常識となっています。
歯並びを治す矯正治療は、病気を治すのと同じように歯の正常な咀嚼機能を取り戻し、健康な身体と心を作るための治療なのです。
そして、治療後には健全な咀嚼機能とともに自信にあふれた健康的な笑顔を手に入れることができるのです。